ZEHへの取り組み


万代ホームでは、ZEHへの取り組みとして、普及率の目標を次のように掲げます。

年度 目標 実績
平成28年度 10% 16%
平成29年度 20%
平成30年度 30%
平成31年度 40%
平成32年度 50%

(※平成28年度実績を更新いたしました。)

上記の目標達成に向け、商品の改良・改善を進めて参ります。
(ZEHビルダーとして登録済みです。)

 


 

※『ZEH』(ゼッチ)とは?

ZEH(Zero Energy House)とは、年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロ以下となる住宅のことを言います。

出典:資源エネルギー庁ウェブサイト

国の定義では、

『外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅』

となります。

ポイントは、

・「断熱」(エネルギーを逃がさない)
・「省エネ」(エネルギーをできるだけ使わない)
・「創エネ」(エネルギーを創る)

の3つです。

つまり、ZEHの家を実現するためには、断熱性を高めることなどにより家で消費するエネルギーできるだけ少なくした上で、消費するエネルギーをその家で生み出す(太陽光発電など)ことが重要です。

国は、「エネルギー基本計画」において、標準的な新築住宅(新築住宅の過半数)では2020年までに、新築住宅の平均では2030年までにZEHの実現を目指すという目標を設定しています。

数値的なZEHの定義は、

① 強化外皮基準・・・ηA値(冷房期の平均日射熱取得率)2.7以下、UA値 (外皮平均熱貫流率)0.6[W/m2K]相当以下)(※南九州地域での数値です)
② 再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上の一次エネルギー消費量削減
③ 再生可能エネルギーを導入(容量不問)
④ 再生可能エネルギーを加えて、基準一次エネルギー消費量から100%以上の一次エネルギー消費量削減

※設計一次エネルギー消費量の対象は、暖冷房、換気、給湯、照明。

となります。

万代ホームでは、コストダウンも含め、今後商品の改良・開発を進め、ZEHの普及に努めてまいります。


上へ