来年の10月に消費税アップが予定されています。家を建てる時の消費税はどうなる?

来年の10月に消費税アップが予定されています。家を建てる時の消費税はどうなる?

広報担当より  2018-04-03

来年2019年10月1日に消費税が今の8%から10%にアップされる予定になっています。
リーマンショックなど大きな経済的危機がない限り、この消費税アップは実行される予定です。この消費税アップで、家を建てる時の消費税はどうなるのでしょうか?

家を建てる場合も、通常ですと家のお引渡しが2019年10月1日以降であれば消費税は10%になりますが、ただし、注文住宅の建築請負契約の場合は特別に『経過措置』が適用されます。どういうことかというと・・・、

・2019年3月31日までに契約していれば、2019年10月1日以降のお引き渡しでも、消費税は8%のままになります。

具体的には、例えば、

ケース1)
2019年2月にご契約、2019年9月にお引渡し・・・お引渡しが2019年10月1日以前ですので、消費税は8%です。

ケース2)
2019年4月にご契約、2019年9月にお引渡し・・・お引渡しが2019年10月1日以前ですので、消費税は8%です。

ケース3)
2019年2月にご契約、2019年12月にお引渡し・・・お引渡しは2019年10月1日以降になりますが、ご契約が2019年3月31日以前ですので、経過措置が適用され、消費税は8%です。

ケース4)
2019年4月にご契約、2019年12月にお引渡し・・・ご契約が2019年3月31日以降、お引渡しが2019年10月1日以降ですので、消費税は10%になります。

ご契約を2019年3月31日までに済ませておけば、工事期間が長引いて2019年10月1日以降になってしまっても、消費税は8%のままということです。お家の建築のご計画はぜひお早めにどうぞ!

※)この経過措置は家の請負契約の価格に対する消費税にのみ有効です。その他の、登記手数料・引越し費用などについては、また別の扱いになります。


上へ